毛がにのかにみそは絶品です

冬になると食べたくなる海産物の一つにかにがあります。 本州にお住まいの方、特に西日本にお住まいの方にとって、かにと聞くと山陰地方で水揚げされるブランドかに、松葉がにを連想されるでしょう。 かにの名産地として知られる北海道で、「今一番食べたいかには何ですか?」と質問すると、かなりの人が毛がにと答えるほど、かにの本場北海道では毛がにが大人気です。

毛がにの身には他のかにと比べて甘み成分が多く、焼いても煮ても毛がに独特の上質な甘みが口の中に広がります。 そして毛がにの最大の特徴は甲羅の中にぎっしりと詰まったかにみそにあるといえるでしょう。 他のかにと比べて毛がにのかにみそは味わいが濃厚でとにかく旨い。 かにみそが目的で毛がにを選ぶ人も多いです。

毛がには水揚げされたばかりの新鮮なものであれば生で食べる事ができます。 毛がにを生で食べる時は、甲羅は別にして火であぶってかにみそに火を通した方がよりおいしいでしょう。

毛がにの刺身はなかなか食べる機会がないかもしれませんが、産地直送でチルド航空冷蔵便を使うと自宅でも毛がにの刺身を味わう事が可能でしょう。

鮮度の良い毛がには軽く火を通すと甘みが増して、刺身とは違ったかにのうまみを味わう事ができます。 さっと昆布だしベースの熱湯にくぐらせて、ポン酢とだし汁をあわせたタレと一緒にいただく毛がにのしゃぶしゃぶも絶品です。 ポン酢の代わりに火を通したかにみそと一緒にいただくと、それもまた美味しいでしょう。

ちなみに、タラバガニやズワイガニにおいてもミソはありますよね。特にズワイガニのミソも結構好きですね。

このページの先頭へ